体重コントロールのカギはリバウンド対策

ダイエットん成功した人にとって、リバウンドという言葉はかなり怖い響きがありますよね。

 

何しろ体重が元に戻るだけならまだしも、以前より太ってしまうのだから始末が悪いですね。

 

でもこのリバウンドを克服しなくては新のダイエット成功者にはなれません。

 

なぜリバウンドが起こるのか、どうしたらそれを回避することができるのかを知っておかないといけませんね。

 

リバウンドには、短期型、中期型、長期型と3つのタイプに分けられます。

 

1〜2週間で痩身に成功した人に怒るのは短期型リバウンド。

 

2〜3カ月ダイエットに取り組んだ人が陥りやすいのが中期型リバウンド。

 

長いスパンで減量した時は長期型リバウンド。

 

タイプによってリバウンドの仕方が違うのでよく覚えておきたいですね。

 

すべてが水の泡になる短期型リバウンド

短期型は、1〜2週間で2キロくらい痩せた時に怒るリバウンドです。

 

ただ2週間のダイエットが、本当の意味でのダイエットなのかと言えばそんなことはありません。

 

2週間どんなに厳しいカロリー制限をしたところで、体脂肪が大幅に減少することはありません。

 

体重が減っているのは、水分が減るからです。

 

元の英勝に戻れば、すぐに水分の量も元に戻るのですが、これが短期型リバウンドなんですね。

 

そもそもこんな痩身体験はまったく意味がありませんし、脱水状況が厳しくなれば体調を壊してしまうこともあります。

 

絶食や単品などスピードダイエット法はいろいろありますが、リバウンドを心配する前に安易に手をださないほうが、結局いいわけです。

 

大成功に続く大失敗が中期型リバウンド

真剣にダイエットに取り組んで2〜3カ月くらいが過ぎると、5キロや8キロなど減量が減ることがあります。

 

これくらいの痩身に成功した人が陥りやすいのが中期型のリバウンドです。

 

月に4キロペースの減量は、半端な覚悟では絶対に成功しません。

 

とにかくあらゆる努力をしたうえでようやくたどり着けるのです。

 

ハッキリ言えば、このダイエットはもっともリバウンドしやすいんです。

 

我慢をし続けないといけませんからね。

 

我慢には限度があります。

 

一生懸命になって禁じていたことをひとたび破ってしまうと、一気に気持ちがなえてしまいます。

 

そして生活は元へ戻って、絶望的なリバウンドへつながっていくのです。

 

2か月で8キロも減量したときの体は、痩せたというよりはやつれた状態です。

 

体はやつれを払拭するために、エネルギーをより貯め込もうとするので、体脂肪の増加に拍車がかかるんですね。

 

エルセーヌ体験コースのお試しに行きました!口コミの評判は嘘でした!

ただしくダイエットしても長期型リバウンドは宿命

1年間と言う長期にわたってダイエットを続けて10キロ以上の減量に成功したとします。

 

ただしいダイエット法で、リバウンドはしにくいです。

 

緩やかに体重が落ちていくから、体や心のストレスが少なくて、健康な状態を保っていけます。

 

だから体重の減少によっておこるマイナス面の反動が少ないのです。

 

正しい方法であってもリバウンドしてしまうことはもちろんあります。

 

摂取エネルギーが消費エネルギーを下回った時です。

 

余ったエネルギーは必ず脂肪として蓄積されます。

 

ダイエットをする前の生活に戻ってしまってはいけません。

 

その生活は必ずエネルギーバランスがプラスに傾いていたからです。

 

リバウンドを避けるためには何をすべきかをしっかりと把握しておくことが必要です。

 

リバウンドのメカニズム

体に起きる変化を見て、リバウンドが起こる原因を考えてみます。

 

ダイエットを行うとエネルギー満足に得られなくなります。

 

こういった状況になると、体の内部はそれに対応しようとします。

 

体内のいろんな器官がエネルギーの消費を制限してしまうのです。

 

飢餓から体を守るための対策で、これをホメオスタシスと言います。

 

ホメオスタシスが作用し始めると、とにかく体はエネルギーを貯め込むことに重点を置くようになります。

 

消費エネルギーを出来るだけ抑えて、せっせと体脂肪を蓄え始めます。

 

それでも摂取カロリーが少なければ減量できるのですが、ダイエットを中止してしまったらどうでしょう。

 

エネルギーは十分に獲得できているのに、体は飢餓状態の感覚から抜け出せていないので、脂肪が増え続けます。

 

これがリバウンドになるのです。

 

 

 

レプチンというホルモンもリバウンドと深い関係があります。

 

このホルモンは体重を調整する働きがあると考えられています。

 

体重が増えると脂肪細胞からレプチンが分泌されます。

 

レプチンは食欲を低下させて、同時に消費エネルギーを増やすように指示を出します。

 

その結果、体重が元に戻るのです。

 

人間の体にはある一定の体重を保つようなシステムが出来上がっているのですね。

 

肥満になった人はレプチンに対する感受性が低下していることが多いです。

 

レプチンは脂肪細胞から分泌されるので、太った人はより多くのレプチンを分泌しています。

 

このホルモンのメッセージを十分に感じることができないので、体重をリセットすることができなくて、リバウンドが止められないのです。

 

性格でもリバウンドの危険度が違う

性格によってリバウンドをしやすい人と、そうでない人がいます。

 

リバウンドしやすいタイプはまじめすぎる完璧主義者です。

 

一度決めたことは必ず守ろうとするわけですが、それを一度でも破ってしまうと全てが総崩れに崩れがちなのです。

 

その結果がリバウンドになります。

 

日本人にはこういったタイプが多いようですね。

 

ダイエットは、多少アバウトな性格の方が性交したり、リバウンドにも陥りにくいんです。

 

 

 

お菓子禁止と決めていたのに、お菓子を食べてしまったとします。

 

完璧主義者はここで終わりです。

 

でもアバウトな性格なら、今日は食べてしまったけど、明日からはまやめればいいと考えることができます。

 

この考え方がダイエットを継続させて、リバウンド回避にもつながります。

 

リバウンドは体に悪影響

簡単にいえば、リバウンドで起こるリスクは、肥満で起きるリスクに準じます。

 

生活習慣病に成りやすくなります。

 

糖尿病、脂質異常症、高血圧、冠動脈疾患、脳梗塞などですね。

 

肥満でない人に比べて、糖尿病で5倍、高血圧で3倍、発症率が高くなります。

 

睡眠時無呼吸症候群にもなりやすくなります。

 

寝ている時に無呼吸状態が1時間に5回以上起こる症状ですね。

 

脳への酸素供給が低下するので、脳卒中を引き起こす場合もあります。

 

このようにいろいろとリスクがあるわけですが、リバウンドで以前よりも体重が増えると、このリスクもより大きくなってしまうんですね。

 

リバウンドを何度も繰り返して、体重がどんどん増え続ければ、それに伴って危険も大きくなるのですね。

 

ダイエットエステ新宿はここがおススメ!お試し体験で効果を実感です♪

恐怖のスパイラル現象

ウェイトサイクリングという言葉があります。

 

これはダイエットとリバウンドを何度も繰り返すうちに体重がどんどん増えてしまう現象のことです。

 

ダイエットをすると、体脂肪だけでなく筋肉も減少します。

 

なぜならエネルギーを一番消費するのが筋肉ですからね。

 

体はここを少なくしてエネルギーを節約しようとするのです。

 

ダイエットをやめると筋肉量は減ったままで、脂肪だけが増えてしまいます。

 

体の構造が全く変わってしまって、消費エネルギーも少なくなるから以前より体重は増えることになります。

 

つまり痩せにくくて、太りやすい体になってしまうのです。

 

これを何度も繰り返すと・・・

 

ウエイトサイクリングという悪の連鎖を頭に入れておかないといけませんね。

 

ダイエットはいつまで続ければいいのか

ダイエットの語源は、政策や方針という意味ですから、人生の方針がダイエットで本来はずっと続けていくことになります。

 

ただし体重を落とす期間に決めた方針を、そのまま続けていけということではありません。

 

痩身するためにはある程度の努力が必要です。

 

でも体重を維持していくだけなら、これまでの努力を放棄しないで、負担にならない程度に軽くして様子を見るとイイです。

 

人間は年齢とともに基礎代謝が落ちていきます。

 

負担を軽くし過ぎると、リバウンドの兆候が現れますから、その都度対処する必要があります。

 

一番いいのは、ダイエット中に取り組んだことを習慣にしてしまうのがイイです。

 

これならば負担に感じることもないですし、あまり意識しないで行えます。

 

エステは全身のトータルサポートをしてくれる

エイジングとセットで恐ろしくなってくるのが、頬や法令線などにしっかりと現われてくる「顔のたるみ」っていうことになります。それにしてもこの顔のたるみの手ごわい要因は、肌細胞の衰えだけとは言えず、老廃物が下垂した状態である「顔のむくみ」も深刻な理由の一つであることは案外と知られていないものです。基本的に顔というものはむくんでいたり顔の輪郭が垂れてしまったりする場合、顔が肥大して映ります。しかしそういうことがあっても、コロコロと美顔ローラーを頬などに転がすことで、顔面の筋肉が鍛えられ引き締まりリフトアップの効果を得られるのです。これからアンチエイジングに取り組もうと考えたら、即座に着想するのは高品質の美容液など。されど肌に塗布するだけで補足するのではなく、良好な体内であるために毎日の食べもので内部からも補填するなどというのも不可欠です。

 

痩身エステ横浜

 

一般的にセルライト組織内は、血流があまりにもひどく困りものなのですが、それに伴って回ってくる血液が減り、脂質をエネルギーに変える機能も鈍くなります。このメカニズムにより脂肪は繊維に取り囲まれそのまま大きくなっていきます。以前からエステについては顔だけではなく、腕あるいは脚などという全身のトータルサポートを担当するもので、暫くの間美しくなりたい女性を中心としたものでしたけれども、現代ではお客が男性のみだというエステもかなりの数あります。肌のたるみを防ぐために、誰もが知るエラスチンやコラーゲンなどのお肌に大事な基礎要素を減らさないことを目指して、食事を十分に摂取するということは勿論の事の話ですが、睡眠時間をきちんととることが大事なポイントです。

 

痩身エステ広島

 

特に女性はホルモンなどの揺らぎにより、むくみが起こりやすいのですが、それと併せて現代人の食習慣や生活習慣とも無関係ではなく、むくみに悩まされている人は、第一に毎日の生活を改めてみましょう。基本的にエステサロンは、それぞれの部位のたるみの要因や発生の経過について、かなり知っているはずですから、症状に応じつつそれに応じた多種ある手法・美容液・エステマシンを用いてテクニックを駆使し、肌のたるみなどの問題を解消して下さるでしょう。頑張って美顔器や自分で揉み解すなどで小さな顔になろうとケアした事実があるのに、まったく効果が出ないとなるケースというのは想像以上に多くあります。それを経験した方々が確実な手段と捉えるのが、各所のエステサロンにおける小顔コースなのです。己の顔が現状のような大きさがあるのは、一体何故なのかを探って、あなたにぴったりとくる「小顔」を得られる方法について実践することができれば、憧れのチャーミングな人に寄ることが叶えられるはずです。

 

ミスパリ体験口コミ

 

概ねたるみの根本的要因としては、肌の生まれ変わりを妨げる睡眠が十分でないこと、また栄養面でも不足していることなどが大いにあり得るので、気になるそんな生活パターンを直すということへの取り組みと一緒に、本人の体を考える上で不可欠に他ならない多くの栄養成分をしっかり取り込まなくては体によくありません。セルライトの正体とは、指を使って摘まめるような皮下脂肪、ないしは皮下脂肪の間を流れる細胞間液であり、そういった混合物が塊と転じ、嫌味にもそれがあろうことか肌の表面にも透けてしまい、でっぱりや窪みを深く刻みこむのです。あらゆる病気のマイナス要素な原因だと言える中には、老化現象が存在します。ですのでアンチエイジングが叶えば老化に対抗して、若いままの体をキープすることで、危険を招きやすい要素を減少させる効果に繋がるのではないでしょうか。

 

スリムビューティハウス体験口コミ

 

特別にエステサロンへ行くべく掛ける金額と時間が切り詰めることができ、いつもの生活習慣通りのその辺のエステサロンとそっくりなケアがもたらされる美顔器は、沢山の女の人にとって本当に魅惑的な逸品と言えるかもしれません。初訪問となるエステサロンでお顔へのエステコースを受けるのなら、先に調査をするのが肝心です。しっかりした額になる費用を支払うことになるのですから、失敗しないようにやり方や効能がどんな詳細かを着実に知ることに精を出しましょう。

 

脚痩せ